脳卒中になって、人生面白くなってきた

愛犬とリハビリして、再生医療受けて、MBAを取って、起業を目指している人の話

エピローグ

 私は家族に恵まれず育ってきた。だから人付き合いが下手だと思う。助けてくれた家族や妻にも、失礼なことはしているのは理解している。ただ上手く生きられないし、変えられないと思う。感謝はしているのですよ。本当に。

 結局私は色々なかたに助けていただいている。感謝はしているのですよ。本当に。ただ上手く表現できない。もう性格を変えられる程、残念ながら私も若くはない(笑)諦めてください。

 病気を抱えたかたは、発症日を第2の人生としてお話される方が多い。実は私、全く覚えてなかった。もちろん月ぐらいは覚えていますよ!年と日を覚えていない。そこで今回ちゃんと調べてみた。2016年9月24日(土)この日から私の人生が一変した。

 私の人生この後どうなるのか、どうなっていくのか、正直あまり興味がない。ただ私の脳の損傷が酷かったにも関わらず、生き残り、後遺症の改善が比較的良好だったのは、後遺症に苦しむ人を無くすため。もちろん私は医療従事者ではないので、何もできない。だから患者が困らない場所をつくるだけ。この目標は第1段階。まだまだやることは沢山ある。生きている間にできるかな(笑)

 もちろんこんなことは、私1人ではできない。たくさんの方に助けてもらわなければならない。ただ最初にお話した様に、私は人付き合いが下手。都合の良い話だが、そんな私を見捨てずに助けてもらいたい。

 突然だが、私はアメリカ前大統領ドナルドトランプがあまり好きではない。ただ彼の言葉でとても素敵な言葉がある。こんな言葉だ。

「経験と実績がない場合、エネルギーと情熱を売り込むべきだ。求めるものを手に入れるためには、押し、押し、押しの一手だ」

最後にもう一度、私の手に入れたもの。

 ミッションは「気軽にお節介ができる社会を創る」

 ビジョンは3つ。「後遺症をなくす」「孤独をなくす」「孤独死をなくす」

 

ここまで私が回復できたのは、愛犬コパンと妻、見守ってくれた全ての方々のおかげ。

                                     

                                     以上

f:id:yasu0714:20220124005056j:plain

 

番外編2 :脳フェスに参加してしまった

 脳卒中フェスティバル。通称、脳フェス。脳卒中患者の中では、とても有名な団体。他の患者会って、ずばり患者会なのですよ(笑)患者は守られる存在。家族が主役。だから私は孤独の中でも、絶対に入会しなかった。

 私が脳フェスを知ったとき、正直びっくりした。患者が主役。療法士と患者が中心の団体だが、全てがフラット。患者も一緒にこき使われている(笑)自分が好きなことを行うために。

 当初ここに入会したかったのは、代表に興味があったから。自身も脳卒中経験者で、現在は理学療法士を行っている。この方から学ぶことが多いと思った。ただ実際参加してみて分かったこと。代表だけがスーパーマンではない。参加者みんながスーパーマン(笑)

 私は患者全てが、スーパーマンになる必要はないと思っている。だってそうじゃないですか?生き残ったことがすごいことだし、日々自分の目標にチャレンジしていることで充分。ただやはりスーパーマンを見る機会があると、人間奮起するものではないでしょうか?これこそが、私はこの会のすばらしさだと感じている。

 ちなみにこの会に参加できたのは、ある素晴らしいお二人との出会い。どこで出会ったでしょうか?それはすぐに終わってしまったZoomのお茶会。ねぇ、人生無駄なことなんて何もないでしょ?

番外編 :オープンチャットをつくってしまった

 SBI大学在学中、私は他の患者の心を理解するためZoomのお茶会とLINEのオープンチャット(匿名で参加できるグループLINE)を立ち上げてみた。Zoomのお茶会はすぐ終わってしまったが、オープンチャットは現在も続いている。患者やその家族が、日々の悩みや楽しみを、チャット上でお話している。

 もう正直最初は大変!夜中に家族が救急車で運ばれたがどうすればよいかなど、趣旨と外れたものばかり。寝る暇もなかった。その後仲間達に様々なサポートをしてもらいながら、ルールを作ったりしていった。今も色々と問題は起こるが、良い場所になっていると思っている。

 私の考えも現在は変わっている。ただ私は、患者やその家族がお話できる場所を提供するだけ。心を理解するなどおこがましいし、できることではない。

 現在の悩みは、この場所を引き継ぐこと。自分の中でこの居心地のよい場所は、もう私が必要な場所ではない。素晴らしい仲間達が、充分に運営できるし、してもらいたい。ただ中々引継ぎって、上手くいかないですね(笑)ゆっくりじっくり進行中。

 ただ私は暖かい場所に埋もれず、新たな問題解決の場所に進まなければならない。

大学院生になってしまった26

 2021年9月、私は無事卒業することになった。さらにありがたいことに、首席で卒業できた。正直優秀な方々の中で、頭で敵うわけがない。周りが戦車だったら、私は竹やりを持った歩兵(笑)。事実だからしょうがない。

 ただこれだけは言える。2年間120%で取り組んだ。手を抜かなかった。自分が劣っていることを理解していた。優秀な方々から吸収する努力だけは、誰にも負けなかったと思う。

 結局そう。諦めなければ何とかなる。リハビリもそう。夢もそう。確かに私が今行おうとしていることは、成功するのかは分からない。事業化できるのかも分からない。ただアホがそんなこと考えてもしかたがない。多動するだけ。

大学院生になってしまった25

 最終結果の発表は、まぁまぁ良かった。ただ様々な問題点も指摘頂いた。さらにM病院との概念実証(PoC)では、自分の事業計画が患者に受けられないことが分かった。お金を稼げる匂いもしない。もう精神的にはどん底。さすがに3日ぐらい悩んだ。

 でもよく考えると悩むって、賢くて実績のある人が行うことなのですよ(笑)リハビリに困っている人がいるのは、100%事実。やるかやらないかしかない。脳梗塞になって分かったこと。諦めたら終わり。諦めなければ、少しずつだが前には進む。

 最終発表のご指摘を反映し、私は最大限修正した事業計画書を学校に置いてきた。ただそれすら、現時点では全く使えない。起業あるあるですね(笑)

 そして現在、再度M病院のお力をお借りし、第2回目の概念実証(PoC)の準備をしている。一体後何回書き直せば、事業化できるのですかね(笑)

大学院生になってしまった24

 最終発表は、2021年7月の半ばに行われた。M病院との概念実証(PoC)の折り返し地点。つまり自分の事業計画が、実際に上手くいくものか分からない状態。 SBI大学の講師は、実際に事業経営、スタートアップ支援や投資家も多数いる。さらに最終発表には、外部の投資家も参加する。その方々の前で発表となる。

 私はプレゼンが得意だねぇ、と言っていただくことがある。ありがたいお話だが、とんでもない。人の10倍は資料作りに時間はかけるし、原稿を作りスピーチ練習は何百回も行う。苦手は努力でカバーするしかない。リハビリも一緒。自分の努力だけは、自分が諦めなければ裏切らない。

大学院生になってしまった23

 話は少し戻り、ゼミは後半戦。先輩達は卒業し、後輩が2名入ってきた。やはり2名とも優秀。もう一体何を話しているのか分からない(笑)ただいつも通り気にしない私。そんなことは気にせず、色々と聞き、学んだ。先生・先輩・同級生・後輩、私は素晴らしい方々の中で本当に恵まれていた。

 卒業した今でもそのご縁は変わらない。1年生からお世話になっている三宅先輩には、いつも助けていただいている。吉田先生、太齋先生にも、変わらずお力添えを頂いている。この学校に来て関わったかた全てに、今も助けていただいている。もちろん学校以外の方々にも。感謝しかない。脳卒中になって、人生面白くなってきた。